見た目を変えないとトランスジェンダーとして一人前と認めてもらえないの?

トランスジェンダーという言葉は元々「身体的違和はないが、性自認の違和はある」人たちのことを指す言葉だった。
それが、身体的違和のある人も含めた言葉に変化した。

トランスジェンダーという言葉が対象とする人の説明はざっくりいうとそんな感じになる。

しかし、トランスジェンダー=身体的違和が強い人っていうイメージが付きすぎている気がする。そのせいでXジェンダーもトランスジェンダーということが当事者じゃない人に伝わらりにくい。

だから、トランスジェンダーに関するニュースを見たり、会話を聞くと「身体を変化させたことで見た目が変わった人はトランスジェンダーとして一人前と認める」という当事者じゃないシスジェンダーの人たちの圧力を感じる。

トランスジェンダーかどうかって当事者が決めること。当事者と関わる周りの人が決めることではないと思う。

WordPress for iPhoneから投稿

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください