SAMSUNGのGalaxy Chromebookが欲しくなった

5月4日(水)におふぃすかぶさん主催のChromebookについて話すGoogle Meet会に参加しました。参加者を募る時点で事前に質問も受け付けていたので、欲しくなって購入を検討しているサムスン電子の「Galaxy Chromebook」についての質問を入力して参加申し込みました。Google Meet会では、Galaxy Chromebookについていろいろ聴くことができました。

本題はここから。

自分がGalaxy Chromebookを欲しくなったのは、
・プリインストールされているWEBブラウザーがPC版Chrome
・対応するスタイラスペンがサムスン電子のS Pen(wacomのEMR方式)
・キーボードがUS配列のQWERTYキー
・13.3インチののディスプレイでタブレット端末としても使える
といった点からです。

PC版Chromeだと拡張機能を使えるので、メモアプリ・WEBアプリケーション「Evernote」の拡張機能(Webクリッパー)とソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」の拡張機能を追加して、通信社・新聞社・WEBメディアの記事をEvernoteに保存して読んだり、はてなブックマークで見付けた記事の管理ができます。

以前のAndroid 12の音声読み上げ機能についてのブログ記事には、読み上げの精度が自分が求めている精度ではないと書きました。しかし、何度も音声読み上げ機能を使用して長文の記事を読み上げさせると、読み上げの精度より一度に読み上げさせることができる文字数の方が気になるようになりました。というのも、Android 12の音声読み上げ機能は、ディスプレイ上に表示して選択できた記事の部分を読み上げるので、普段使用しているSONY Xperia PRO-I XQ-BE42の画面比率21:9の6.5インチディスプレイでも画像がある記事だと一度に選択できる部分が記事の1、2段落分ぐらいで、何度も選択して読み上げさせることを繰り返さないといけません。それで、10インチ以上のディスプレイの端末で音声読み上げを利用したくなったことからもGalaxy Chromebookが欲しくなりました。

今年4月からの急な円安で1ドルが120円台になってしまい、アメリカで販売された製品の日本円での価格が上がってしまいました。アメリカのamazon.comでのGalaxy Chromebookの最近の価格を見ると新品だと699ドルで、以前の最安値の499ドルになることは無さそうです。中古品だと日本のフリマサイトや中古品販売店にもあるようですが、外箱なしの中古品もあるようで状態がいいとはいえなさそうです。

Galaxy ChromebookのChrome OS更新期限が2028年みたいで更新期限が短いから早く手にれた方がいいというわけではないですが、発売から約2年経過しているので、今年中には何とかして手に入れたいです。

リンク
SAMSUNG Galaxy Chromebook

スポンサーリンク

当ブログの記事に広告(Google Adsense)とアフィリエイトリンク(楽天リンク)が表示されることがあります。当ブログから広告へのアクセスとアフィリエイトリンク先での商品の購入と予約があると、筆者へ一定の収益が発生します。