WILLERなど5社が京都丹後鉄道で2020年11月25日(水)よりVISAのタッチ決済での運賃支払いが可能になると発表

 2020年11月20日(金)、WILLER株式会社、三井住友カード株式会社、QUADRAC株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社、株式会社三井住友銀行は、同年11月25日(水)よりWILLER TRAINS株式会社が運営する京都丹後鉄道で日本初となる鉄道の運賃支払いをVisaのタッチ決済(日本以外の国での名称はVisa Contactless)でできるようにすると発表。京都丹後鉄道のVisaのタッチ決済での運賃支払いは、均一運賃(1回券、1日券等)だけでなく、車両のGPSを活用した距離制運賃(距離に基づき変動する運賃)も可能となる。

 利用方法は、乗車時と降車時に駅や車内に設置された決済端末にVisaのタッチ決済に対応したクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードをかざすことで運賃支払いが完了する。Visaのタッチ決済での運賃支払いの処理は、三井住友カード株式会社の決済プラットフォーム「stera」とQUADRAC株式会社の公共交通機関向け決済システム(シンクライアント・バックエンドシステム)を連携することで可能にした。

リンク
京都丹後鉄道
WILLER
PR TIMES:WILLER
PR TIMES:ビザ・ワールドワイド

スポンサーリンク