KyashのICチップ搭載プリペイドカード「Kyash Card」が本人認証サービス(3Dセキュア)に対応

 ウォレットアプリ「Kyash 」とプリペイドカード「Kyash Card」を提供するKyashは、2020年11月17日(火)に同社が提供するICチップ搭載プリペイドカード「Kyash Card」が本人認証サービス(3Dセキュア)対応したことを発表した。Kyash Cardの国際ブランドはVISAであるため、対応した本人認証サービス(3Dセキュア)は、「Visa Secure」になる。3Dセキュア(Visa Secure)に対応したVisa加盟店でKyash Cardの情報を入力して、認証を行うと、3Dセキュアが完了する。

 これまでKyashは3Dセキュアに対応しなかったため、 登録できるクレジットカード、デビットカード、国際ブランド付きプリペイドカードが3Dセキュアに対応していることを条件としていたコード決済サービスでは支払いカードとして登録することができなかった。しかし、今回3Dセキュアに対応したため、支払いカードとして登録が可能なコード決済サービスでKyash Cardを経由しての支払いが可能になる。

  ICチップを搭載しない「Kyash Card Lite」とバーチャルカードの「Kyash Card Virtual」は、3Dセキュアに対応しない。そのため、これらのカードを利用するユーザーで3Dセキュアを利用したいユーザーは、ICチップ搭載の「Kyash Card」に変更する必要がある。「Kyash Card」に変更する際は、カード発行手数料がかかる。

リンク
Kyash、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応

スポンサーリンク