普段の生活の中で使用するスマホを3台から1台にした

 今年2020年の夏ぐらいから普段の生活の中でスマホを複数台使用すること(自分の場合は、3台)が自分に向いてない、上手くできていないと感じるようになった。そう感じるのは、複数台のスマホを用途別に使い分けることできてないことに気が付いたから。用途別に使い分けることができないから、搭載されている機能の違いで特定のスマホを使う場合を除いてどのスマホでも同じように使えるようにしてしまう。だから、9月後半に手放しても惜しくないスマホ5台を中古品買い取り店に持っていって買い取ってもらった。

 中古品買い取り店でスマホ5台を買い取ってもらってから10月まではスマホを2台使用し、11月からはスマホを1台だけ使用することにした。急にスマホの使用を3台から1台にしても良かったのだが、1ヶ月ちょっとという期間をかけてスマホを3台から1台に減らしたからなのか、何も困ることなくスマホ1台だけの使用に移行できた。

 普段の生活の中で2台以上のスマホを用途ごとに使い分けることを上手くできている人はたくさんいるだろう。しかし、自分は、それができない。そのことに気が付くのに数年かかった。だから、5台ものスマホを手放すことになった。5台ものスマホを手放しても何の後悔もないどころか、普段の生活の中で使用するスマホが1台だけになったから、スマホの管理が楽になった。

 普段の生活の中でスマホを複数台使用することで得られる便利さはあるが、スマホ1台だけあれば事足りるようにすることで得られる便利さもあることに気付けた。いろんなスマホを使いたいという気持ちになることもまだあるので、これからは1日2台以上のスマホを使用するのは、仕事が休みの日の楽しみ程度にしようと思う。

スポンサーリンク