JR東日本グループは駅ビル・駅ナカでの支払いに利用可能な電子マネーを増やすと発表、新たに設置される非接触型決済の処理端末は、Panasonic JT-R600CR

2019年11月8日(金)、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)、株式会社ビューカード(以下、ビューカード)、JR東日本メカトロニクス株式会社(以下、JR東日本メカトロニクス)は、JR東日本グループの駅ビル・駅ナカでの支払いに利用できる電子マネーを増やす発表しました。これまでは、JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica」とSuicaとの相互利用が可能な交通系ICカードで支払いが可能でした。今後は、交通系ICカードだけでなく、iD、QUICPay+、nanaco、楽天Edy、WAONでも支払いが可能になります。2020年夏までに導入予定のJR東日本グループ会社運営の駅ビル・駅ナカは、セレオ、アルス、トピコ、CIAL 鶴見、CIAL 桜木町、2020年開業予定のCIAL 横浜、テルミナ、グランスタなどです。エキュート、アトレ、ルミネ、ボックスヒル取手で交通系ICカード以外の電子マネーで支払いが可能かどうかは、今回のプレスリリースでは不明でした。

今回のプレスリリースで、交通系ICカード以外の電子マネーで支払いが可能になる駅ビル・駅ナカに設置される非接触型決済の処理端末がPanasonicの「JT-R600CR」のブラックになることが分かりました。プレスリリースでは、JT-R600CRの型番は明記されていませんが、画像が掲載されています。プレスリリースでの発表はありませんが、非接触型決済の処理端末をJT-R600CRにしたこと、JR東日本、ビューカード、JR東日本メカトロニクスの3社共同でのプレスリリースということから、クレジットカード、デビットカード、国際ブランドが付与されたプリペイドカードの決済処理に利用する端末がJT-R600CRに変更される可能性が出てきました。JT-R600CRは、カード決済のIC処理、磁気ストライプ処理にも対応しているため、JT-R600CRで電子マネーとカード決済をまとめて処理することになれば、利用者自ら決済処理をすることになるため、店員さんと利用者のカードの受け渡しが不要になります。

リンク
https://www.jreast.co.jp/
press/2019/20191108_ho01.pdf

スポンサーリンク