「ARMホールディングスがソフトバンクグループに買収される」という報道で感じたこと。

我慢できないので、暈さずに書きます。自分は、ソフトバンクグループのやることが好きではありません。嫌いです。大規模な会社の経営のことはよく分かりませんが、ソフトバンクグループに買収された企業が買収されたことで買収される前より魅力的な企業になったとは思えません。
今日、ソフトバンクグループがイギリスのARMホールディングスを買収するという報道がありました。
ARMホールディングス傘下の企業が製造する部品を使った製品を買わないようにすることはかなり難しいようないので不買運動はしません。
ARMホールディングスが今後、買収前より魅力的な会社になることはないか、かなり難しいと思います。それは、日本にあったVodafone、WILLCOM、イー・アクセスという3企業の買収された後の形を見れば、良くわかると思います。
何で、ソフトバンクグループは、企業買収を何回もするんですかね。やめてほしいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください