ある期間に特定の分野の勉強か研究をした人としていない自分の知識量の差を感じた。

 自分は、大学生の時にジェンダーやセクシュアリティのことを勉強しなかった。ジェンダー、セクシュアリティという言葉を聞いたことがあっても気にしていなかった。法学部でも法とジェンダー、セクシュアリティという観点で勉強できることがあるということを知れば、大学での勉強も違っていたと思う。

 大学を卒業した後にジェンダーやセクシュアリティの活動をするようになった。だから、大学や大学院でジェンダー、セクシュアリティのことを勉強したり、研究している人との知識量の差を感じることがある。この差を埋めることは難しい。

 今日は、こんなことを感じざるを得ない1日だった。
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください