携帯電話会社から発売される携帯電話への興味がなくなった。

自分は、2010年頃から携帯電話会社、キャリア、MNOともいわれる電気通信事業者(以下、携帯電話会社)から発売されるSIMロックがかかっていたり、SIMロック解除に対応した携帯電話(特にスマートフォン)への興味が少しずつなくなっていきました。そして、2015年には完全に興味をなくしました。2014年9月19日(金)に発売されたiPhone 6 Plusを購入したの(自分はau版)を最後に携帯電話会社から発売される携帯電話を全く購入していません。

なぜ興味を失ったのかというと、
・端末代金が高い
・端末代金の分割が終了する前にその端末に飽きてしまう
・Android OSのスマートフォンにプリインストールされる携帯電話会社のオリジナルホームランチャーアプリは、自分にはとても使いづらい
・ Android OSのスマートフォンにプリインストールされる携帯電話会社のサービスを利用するためのアプリの数が多い上にアンインストールできない
・au版iPhoneでauのサービスのアプリ1つをインストールしたら、他のサービスのアプリもインストールするよう催促できる仕組みになっている
・そもそも携帯電話会社のサービスはほとんど使わない
からです。

もう携帯電話会社から発売される携帯電話を購入しなくても何とかなるようになりました。だから、自分は「どうしても購入したい」と思える携帯電話が出るまで携帯電話会社から発売される携帯電話は購入しません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください