NTTドコモが「ファミリー割引」等の適用範囲を拡大し、同性カップルも家族割引制度の対象にした件について問い合わせました。

NTTドコモが2015年10月23日(金)に同性カップルに対して「ファミリー割引」等の適用範囲を拡大し、同性カップルも家族割引制度の対象にしたことを発表しました。

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/151023_02_m.html

同性カップルが加入できる制度は、「ファミリー割引」「シェアパック」です。

家族割引制度に加入するには、「地方自治体等が発行する同性とのパートナーシップを証明する書類」が必要とのこと。NTTドコモは、地方自治体が同性カップルへ発行する書類のことを注釈で『渋谷区「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」による「パートナーシップ証明書」等』と説明しています。世田谷区の「同性パートナーシップ宣誓書」でNTTドコモの家族割引制度に同性カップルが加入できるかは一切書かれていないので分かりません。NTTドコモより先行して同性カップルも家族割引制度に加入できるようにしたKDDIの発表の時と同じような説明の仕方をしています。

そこで筆者は、11月8日(日)にNTTドコモのWEBサイトの問い合わせページから以下のことを問い合わせました。しかし、ドコモへの問い合わせの回答をブログで公開することはできないことになりました(NTTドコモに断られました)。

そのため、当ブログにて公開したNTTドコモへの質問内容は削除しました。

申し訳ありません。

NTTドコモへ再度、問い合わせをします。その際は、書面で質問状を送り、ブログで公開することを事前に伝えます。

この機会にNTTドコモだけでなく、KDDIとソフトバンク(ソフトバンクとY!mobile)にも質問状を送り、各携帯電話会社の同性カップルへの家族割引制度の適応状況を調べようと思います。

記事No.0020

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください