カシオのBluetoothでスマートフォンに接続できる腕時計がIFTTTと連携すると知ったので、カシオに問い合わせてみました。

先日、筆者は、様々なWEBサービスやiOS、Andorid OS、リストバンド型活動量計を連携させることができる「IFTTT」に関することをgoogle検索で調べていたら、ケータイ Wathが2015年1月8に公開したカシオ計算機製のBluetoohでスマートフォンに接続できる腕時計に関する記事を見つけました。

記事の内容は、2015 International CESでカシオ計算機がBluetoothでスマートフォンと接続できる腕時計がIFTTTと連携できるようになるというデモを行ったということでした。

記事はこちら↓
http://k-tai.impress.co.jp/docs/event/ces2015/20150108_682962.html

記事では、カシオ計算機製腕時計のGB-6900シリーズ、GB-5600シリーズ(この2シリーズはG-SHOCK製品)、STB-1000(こちらは、PHYS製品)がIFTTTと連携できるとの説明がありました。しかし、いつからこれらの腕時計と連携できるかについては何も書かれていませんでした。

そこで、カシオ計算機にこの件について問い合わせてみました。

カシオ計算機からの返答は、「(カシオ計算機製の腕時計とIFTTTの連携の)開始日は現在未定」とのことでした。

IFTTTは、アメリカのサンフランシスコで作られているWEBサービスで、日本企業のWEBサービスやリストバンド型活動量計がIFTTTと連携したということは今までにはありません。だから、カシオ計算機のBluetoothでスマートフォンに接続する腕時計がIFTTTと連携するようになったら日本企業でIFTTTと連携できる製品を出している最初の企業になることになります。

IFTTTを多用している筆者は、IFTTTと連携できる腕時計はぜひ使ってみたいです。カシオ計算機には、1日でも早く正式な連携開始日を発表して欲しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください