手に入れた端末 No.003「NTTドコモ版ソニー・モバイル XPERIA Z1 SO-01F」

SIMロックがかかった携帯電話よりSIMフリーの携帯電話の方が好きなモばイルです。

iPhoneのメールアプリでGmailの設定をMicrosoft Exchangeでして、送受信をする場合、返信の際にEメールの本文の文字コードによっては文字化けが起きます。
そのせいでiPhoneのメールアプリが使いづいです。 
だから、KDDI版iPhone 5とSIMフリーiPhone 4Sの2台を使ってもEメールの返信のためだけにiOS版のGmailアプリが必要です。
それに最近、買うAndroid端末は7インチのASUS製のGoogle NEXUS 7(2013)ではなくてもよかったと思うようになりました。

そんなこんなで、ソニー・モバイルのNTTドコモ版XPERIA Z1 SO-01Fを購入しました。 
それまでは、ネットオークションでソニー・モバイルのNTTドコモ版XPERIA Z SO-02Eの中古を手に入れようかと思っていました。

しかし、ネットオークションだと自動入札機能があり、自分が入札しても自動入札機能を使っている人に自分の入札金額より高い金額を入札されてしまい、なかなか落札できませんでした。

だから、ネットオークションでSO-02Eの中古を手に入れることはやめて、ドコモショップでSO-01Fを購入することにしました。

ソニー・モバイルのNTTドコモ版XPERIA Z1 SO-01Fにした一番の理由は、ソニー・モバイル製だからです。
他の理由は以下の通りです。
・自分の片手で操作できるスマートフォンの中で一番大きい画面サイズ(約5.0インチ)
・OSがAndroid
・ストラップが付けられる
・NFC搭載
・OSがAndroidで電話がかけられる端末
・ソニー製品と連携できる
・ソニー製のスマートフォングッズのデザインと相性が良さそう

NTTドコモ版XPERIA Z1 SO-01Fということで、NTTドコモが提供しているサービスが使えますが、あまり使わないと思います。使うとしたら、クラウド化したドコモメールとドコモWi-Fi、おサイフケータイぐらいです。

NTTドコモ版XPERIA Z1 SO-01FはSIMロックがかかっていますが、後からSIMロックの解除ができ、制限付きSIMフリーのAndroidスマートフォンにすることが可能です。その点もNNTTドコモ版XPERIA Z1 SO-01Fを選んだ理由かもしれませんが、購入する時はそのことをすっかり忘れてしまっていたので、後からSIMロック解除できることを思い出しました。

これからNTTドコモ版XPERIA Z1 SO-01Fを使って気になる点があったらこのブログに書いきます。あと、iPhoneとAndroidスマートフォンを組み合わせた使い方も書きたいと思います。

Android 1.6や2.2の時は使いにくいと思っていたAndroid(その当時はメーカー独自に実装した機能が邪魔したり、キャリアのサービスが使えなくなるという理由でOSバージョンアップをしないというAndroidスマートフォンがいくつかありました)ですが、4.0以上になってからはNEXUS 7(2013)を使っていくなかで、「このバージョンのAndroidなら使えそう」と思えたので、今回は長い期間使えそうです。

-追記-
2016.10.22
過去の記事を整理するため、タイトルを変更し、記事を修正しました。