2014年11月8日(土)の日記

記事No.440

自分は、今日の午後に耳鼻咽喉科のクリニックに行ってきました。

 9月末から咳が出るようになりました。それで、10月の初めに内科のあるクリニックに行ったら風邪だと診断されました。しかし、11月になっても咳はとまらず、鼻水まで出るようになってきました。その出てくる鼻水は、大量でした。鼻水が出るようになって、鼻水と同じような物が咳と一緒に出ていることを気にするようになりました。咳が出るようになった初めの頃から咳に鼻水と同じような物が出ていました。

 耳鼻咽喉科のクリニックに行って、お医者さんに診てもらったら、副鼻腔炎(蓄膿症)と診断されました。蓄膿症は、慢性の副鼻腔炎の俗称みたいです(Wikipedia)。

 風邪ではなく、副鼻腔炎と分かったことで、気持ちが楽になりました。動くと鼻水が大量に出るので、なおるまでは活動量を減らそうと思います。鼻詰まりで動くのは結構辛いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください