2014年09月29日(月)の日記

記事No. 434

 自分は最近、「自分にも専門分野や得意分野が欲しい」と物凄く思うようになりました。

 知り合いの方には携帯電話のことに関して詳しいと思われていますが、自分はただ好きなだけで詳しいとは思っていません。子供の頃から電話が好きで、大人になった今でも好きなだけです。それに、2010年12月から始めたセクシュアルマイノリティに関する活動では知識量は少ないです。大学でセクシュアルマイノリティに関係する学問、セクシュアルマイノリティの活動で直接役に立つことを勉強しませんでした。大学生の時には、大学卒業後に2010年末からセクシュアルマイノリティに関する活動をするなんて想像していなかったです。だから、自分には専門分野も得意分野もないと思います。

 それで、数ヶ月前から何を自分の専門分野や得意分野にするか考えるようになりました。しかし、今の時点では、何も見つかっていません。今、個人的にしていることとなると携帯電話や通信に関する情報集めとセクシュアルマイノリティに関する活動です。専門分野となるとそのことでお金が発生したり、お金が発生しないとしてもそのことで何か世の中に対してしていることになると思います。得意分野となるとそのことで他人から凄いと思わることになると思います。

 自分にも専門分野や得意分野が欲しいです。2014年もあと3ヶ月と数日です。3ヶ月と数日で何を専門分野や得意分野にするか考えて、決めて、2015年にその決めたことを専門分野や得意分野にできるようにしていくために動いていきます。

追伸
 何で自分にも専門分野や得意分野が欲しいのか振り返ると、自分が17歳の時にテレビの音楽番組歌っている姿を1回見ただけで好きになったアンジェラ・アキさんが「限界を感じた」ということをあるテレビの音楽番組で話したことを聞いたからです。「アンジェラさんは専門分野でも得意分野でもあることで限界を感じるけど、自分はどうなの?」と思ったら、「自分には専門分野も得意分野もない」ということに気が付き、、悲しくなりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください