LGBTという言葉を聴くと拒絶感が出てきてしまう。

 LGBTという言葉を使って話されているPodCastを聴いています。LGBTという言葉が悪い訳ではないですが、自分はLGBTという言葉を聴くと拒絶感が出てきます。話されている内容は、自分にもためになることがたくさありますが、LGBTという言葉を使われるところでは「自分はLGBTに当てはまるセクシュアリティだが、他人からLGBTに当てはまるセクシュアリティにされていない、仲間はずれにされている」と思ってしまいます。自分は、どうしてもLGBTという言葉で自分を説明することをしたくないです。したとしてもLGBTという言葉を知っている人に伝わらないと思っています。LGBTという言葉を聴いても拒絶感が出ないようにしたいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください