LGBT成人式

今日1月15日日曜日に世田谷区の成城ホールで行われたLGBT成人式に参加した。

このイベントは数ヶ月前から知っていた。
しかし、性別を特定してしまう服を着れないし、着たくないから参加できないと思っていた。

しかし、公式WEBサイトに服装自由という記載があったり、セクシュアルマイノリティの活動仲間が「(服装は)気にしなくていいじゃん!」と言ってくれたりしたので参加することにした。

参加したらシスジェンダーヘテロの人も参加されていたので居心地がよかった。

自分はセクシュアルマイノリティの活動の場にシスジェンダーヘテロの人がいてもいいと思う。

だって、シスジェンダーもトランスジェンダーもそうでない人もみんな同じ地球に生きている。
だから、同じ空間にいるって本来は当たり前のこと。

そのことを確認できて良かった。

自分の20歳の成人式ってすごくシスジェンダー感があった。
男女別で席が別れていたし、男は男の格好、女は女の格好だった。
その頃の自分は無性別という自覚はなかったから男の格好で男の席にいた。

今、思い返すとその頃の自分は疑問に思わなかったのかなって思う。

今回は成人式をやり直せたと思えた。
だから、年老いた時に後悔しないで済みそう。

参加して良かった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください