Appleの発表会WWDCでOS X YosemiteとiOS 8が発表されました。

日本時間の6月3日(火)午前2時から行われたAppleの発表会WWDC(World Wide Developer Conference、以下、WWDC 2014)でiOS 8とOS X Yosemiteが発表されました。

自分は、今回のWWDC 2014の発表会をAppleのサイトで生配信するリアルタイム映像を見ようと思って、2時近くまで寝ずに起きていました。しかし、睡魔に負けて寝たので、リアルタイムで見ることはできませんでした。見たかったなーとすごく後悔しています。

自分は、WWDC 2014の録画映像AppleのWEBサイトでが既に公開されていたので見ました。

WWDC 2014では、OS X YosemiteとiOS 8と新しいプログラミングの記述言語のSwiftの発表だけでした。しかし、OS XとiOSに結構いろいろと新機能が追加されるので、盛りだくさんの内容の発表会だったと思います。

WWDC 2014の発表内容から個人的に気になったことをあれこれ書いてみます。

iOSは、7から8に変わることで今までできなかったことができるようになります。

通知センターにウィジェットを追加できるようになります。自分は、天気予報やSNSのウィジェットを通知センターに表示させたいです。通知センターにあれもこれも表示させるとごちゃごちゃしそうです。

iOS 7までは、Appleの文字入力ソフトしか使えませんでしたが、iOS 8からアップル以外のメーカーの文字入力ソフトが使えるようになります。自分は、今までATOK Pad for iOSというメモアプリをiPhone、iPadにインストールして、文字入力ソフトのATOKを使ってきました。iPhone、iPadで文字入力ソフトが選べるようになるとはユーザーとして嬉しいです。

iOS 8にバージョンアップできるiPhone、iPad、iPod touchは、以下の端末です。

iPhone 4s
iPhone 5
iPhone 5s
iPhone 5c
iPad 2
iPad with Retina display(第3世代iPadと第4世代iPad)
iPad Air
iPad mini with Retina display
iPod touch 5th generation

自分が現在使っているKDDI版iPhone 5、SIMフリーiPhone 4S、UK版第3世代iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル全てiOS 8にできます。
iPad 2がiOS 8にできるのには驚きました。

OS X YosemiteでOS Xも結構変わるようです。

UIは、iOS 7みたいにフラットになります。OS Xのアプリアイコンの見た目がiOS 7のアプリアイコンに近づくことになります。

通知センターにToday欄が追加されます。通知センターがあるおかげでEメールの受信確認やその日の予定の確認がしやすいので、今日に関することをまとめて表示してくれるのは便利です。

OS X Yosemiteでは、電話できるようになります。iPhoneにかかってきた電話にでたり、電話をかけたりできます。OSがOS X YosemiteのMacとOSがiOS 8のiPhoneが連携するということです。自分は、WWDC 2014の発表内容でこれに一番驚きました。Macで電話できるんですよ。電話したい相手の携帯電話が何かは気にしなくて済みます。

OSをOS X YosemiteにバージョンアップできるMacについては発表がありませんでした。自分のMacBook Pro 13 inch Mid 2010のOSをOS X Yosemiteにできるか凄く気になります。

WWDC 2014で発表されたOS X YosemiteとiOS 8を使ってみたいです。両OSとも一般公開は2014年秋ということです。

WWDC 2014の録画映像は以下のWEBサイトやPodcastで見られます。
AppleのWEBサイト:http://www.apple.com/apple-events/june-2014/
Podcast:https://itunes.apple.com/jp/podcast/apple-special-event-wwdc-14-hd/id470664050?i=313789122&mt=2
YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=w87fOAG8fjk

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください