iPhone、iPad、iPod touchをiOS 7.0.3にアップデートできるようになりまし た。AssistiveTouchの不具合は改善されませんでした。

iOS 7が7.0.3にアップデートされました。
アップデート内容は以下の通りです。
・承認済みのデバイス間でアカウント名、パスワード、クレジットカード番号を共有するためのiCloudキーチェーンを追加
・オンラインアカウントようのにSafariから推測困難な独自のパスワードを提案できるようにパスワードジェネレータを追加
・Touch IDが使用中の場合”スライドでロック解除”の表示を遅らせるようにロック画面をアップデート
・Spotlight検索からWebやWikipediaを検索できる機能を再度追加
・一部のユーザでiMessageから送信できない問題を修正
・iMessageをアクティベートできない問題を修正
・iWork App使用中のシステムの安定性を改善
・加速度センサーの調整問題を修正
・SiriとVoiceOverで低品質の声が使用される問題を改善
・ユーザがロック画面のパスコードを迂回できる問題を修正
・動作とアニメーションの両方を最小化できるように”視差効果を減らす”設定を拡張
・VoiceOverの入力感度が高くなる問題を修正
・ダイヤルパッドのテキストも変更できるように”文字を太くする”設定をアップデート
・ソフトウェア・アップデート中に監視対象デバイスが監視されなくなる問題を修正
iOS 7にバージョンアップ後、AssistiveTouchをオンにして、設定>一般>アクセシビリティ>ショートカットでAssistiveTouchを選択したiPhone、iPad、iPod touchでAssistiveTouchのホームボタントリプリクリックして、AssistiveTouchを終了すると通知センターとコントロールセンターが使えなくなる不具合ですが、iOS 7.0.3にアップデートしたiPhone、iPadでも同じ不具合が起こります。
AssistiveTouchの不具合を次のアップデートで修正してほしいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください