iPhoneを使い続ける理由。

自分は、2010年1月にソフトバンクモバイル版iPhone 3GSを使い始めたことをきっかけにして、ソフトバンクモバイル版iPhone 3GS、SIMフリーiPhone 4、SIMフリーiPhone 4S、KDDI版iPhone 5とiPhoneを使い続けている。
iPhoneを使用し続けながらも別のスマートフォン(SIMフリーのMOTOROLA MILSTONE、NTTドコモ版BlackBerry 9300、NTTドコモ版BlackBerry 9900)をしていた。
しかし、iPhone以外のスマートフォンは長くても約1年で使用をやめ、iPhoneだけになることが度々あった。
NTTドコモ版BlackBerry 9900は、10ヶ月ほどで使用をやめてしまった。
これから当分の間、iPhone以外のスマートフォンを買うことがないようにしたい。
だから、iPhone以外のスマートフォンを買うことがないようにするためにもiPhoneを使い続ける理由をブログに書こうと思う。
1. iPhoneは、OSのアップデートが年に1回あり、最大で3回OSのアップデートができる(iPhone 3GSの場合。iPhone OS 3.0からiOS 6)。
2. 年に1回のOSのバージョンアップというサイクルのおかげで、長期間使うことができる。
3. 新しいiPhoneに変更する際のデータの移行が簡単にできる。
→iTunesやiCloudにデータのバックアップを取れば、iTunesと新しいiPhoneを接続してバックアップのデータを入れたり、新しいiPhone単体で初期設定す場合は、iCloudのアカウントを入力すればバックアップを取ったiPhoneのデータそのままを入れることができる。
4. SIMフリーのiPhoneを日本で使うことができる。
→SIMフリーのiPhoneでも日本語表示・入力できる。それに、技適マークをiPhoneの画面に表示できるので日本での使用も問題ない。
5. 直営店「Apple Store」でiPhoneを購入できる。
→直営店があるということは、iPhoneに関する知識が豊富な店員さんに質問しながら購入できる。iPhoneを販売している家電量販店やキャリアのショップの店員さんだと細かすぎる質問をしても答えてもらえないことがある。だから、自分は、細かすぎる質問をしても対応してくれる店員さんがいる店でiPhoneを購入したい。
6. どの国で販売しているiPhoneでも本体サイズが同じ。
→つまり、外国から輸入されたiPhoneケースでも使えるということ。今、自分が使っているiPhoneケースは、アメリカから輸入された「mophie juce pack air for iPhone 5」。
7. iPhoneだとキャリアのサービスを詰め込むことができない。
→iPhoneを販売するキャリアがキャリアのサービスをiPhoneに対応させるには、アプリのプリインストールではなく、アプリをApp Storeに出すしかない。つまり、キャリアのサービスを使いたくないユーザーは、プリインストールされてアプリだらけなアプリの一覧を見なくて済む。
8.Androidスマートフォンによくある、キャリアやメーカーごとによる設定画面の違いがiPhoneにはない。
→iPhoneだと、キャリアにメーカーが合わせるみたいな、キャリアのいいなりなメーカーではなく、メーカー主導で端末の開発・製造・発売が行われるので、ソフトバンクモバイル版iPhoneもKDDI版iPhoneも使い方は同じ。
9. iTunesというiPhoneのデータを管理するソフトがあるので、パソコンでiPhoneにインストールしたアプリの管理ができる。
→パソコンでiPhoneのデータを管理できるのは楽だと思う。
10. AppleがiPhone用に保証サービスを行っているので、故障した際に対応してくれるところが、キャリアとAppleの2つもある。
→iPhoneってたまに故障したり、壊れたりするとそれがニュースになる。だから、iPhoneって使い方によっては壊れやすいということになる。保証サービスを行っているところがキャリアとAppleの2つだと両方の保証サービスに入ることもできるので、その分ユーザーは安心感を得られると思う。
2013年6月12日 18:27:04 の変更内容にコンフリクトがあります:
・タイトル
iPhoneを使い続ける理由
・本文
自分は、2010年1月にソフトバンクモバイル版iPhone 3GSを使い始めたことをきっかけにして、ソフトバンクモバイル版iPhone 3GS、SIMフリーiPhone 4、SIMフリーiPhone 4S、KDDI版iPhone 5とiPhoneを使い続けている。
iPhoneを使用し続けながらも別のスマートフォン(SIMフリーのMOTOROLA MILSTONE、NTTドコモ版BlackBerry 9300、NTTドコモ版BlackBerry 9900)をしていた。
しかし、iPhone以外のスマートフォンは長くても約1年で使用をやめ、iPhoneだけになることが度々あった。
NTTドコモ版BlackBerry 9900は、10ヶ月ほどで使用をやめてしまった。
これから当分の間、iPhone以外のスマートフォンを買うことがないようにしたい。
だから、iPhone以外のスマートフォンを買うことがないようにするためにもiPhoneを使い続ける理由をブログに書こうと思う。
1. iPhoneは、OSのアップデートが年に1回あり、最大で3回OSのアップデートができる(iPhone 3GSの場合。iPhone OS 3.0からiOS 6)。
2. 年に1回のOSのバージョンアップというサイクルのおかげで、長期間使うことができる。
3. 新しいiPhoneに変更する際のデータの移行が簡単にできる。
→iTunesやiCloudにデータのバックアップを取れば、iTunesと新しいiPhoneを接続してバックアップのデータを入れたり、新しいiPhone単体で初期設定す場合は、iCloudのアカウントを入力すればバックアップを取ったiPhoneのデータそのままを入れることができる。
4. SIMフリーのiPhoneを日本で使うことができる。
→SIMフリーのiPhoneでも日本語表示・入力できる。それに、技適マークをiPhoneの画面に表示できるので日本での使用も問題ない。
5. 直営店「Apple Store」でiPhoneを購入できる。
→直営店があるということは、iPhoneに関する知識が豊富な店員さんに質問しながら購入できる。iPhoneを販売している家電量販店やキャリアのショップの店員さんだと細かすぎる質問をしても答えてもらえないことがある。だから、自分は、細かすぎる質問をしても対応してくれる店員さんがいる店でiPhoneを購入したい。
6. どの国で販売しているiPhoneでも本体サイズが同じ。
→つまり、外国から輸入されたiPhoneケースでも使えるということ。今、自分が使っているiPhoneケースは、アメリカから輸入された「mophie juce pack air for iPhone 5」。
7. iPhoneだとキャリアのサービスを詰め込むことができない。
→iPhoneを販売するキャリアがキャリアのサービスをiPhoneに対応させるには、アプリのプリインストールではなく、アプリをApp Storeに出すしかない。つまり、キャリアのサービスを使いたくないユーザーは、プリインストールされてアプリだらけなアプリの一覧を見なくて済む。
8.Androidスマートフォンによくある、キャリアやメーカーごとによる設定画面の違いがiPhoneにはない。
→iPhoneだと、キャリアにメーカーが合わせるみたいな、キャリアのいいなりなメーカーではなく、メーカー主導で端末の開発・製造・発売が行われるので、ソフトバンクモバイル版iPhoneもKDDI版iPhoneも使い方は同じ。
9. iTunesというiPhoneのデータを管理するソフトがあるので、パソコンでiPhoneにインストールしたアプリの管理ができる。
→パソコンでiPhoneのデータを管理できるのは楽だと思う。
10. AppleがiPhone用に保証サービスを行っているので、故障した際に対応してくれるところが、キャリアとAppleの2つもある。
→iPhoneってたまに故障したり、壊れたりするとそれがニュースになる。だから、iPhoneって使い方によっては壊れやすいということになる。保証サービスを行っているところがキャリアとAppleの2つだと両方の保証サービスに入ることもできるので、その分ユーザーは安心感を得られると思う。
iPhoneを使い続ける理由を10個も書くことができるのだから、これからもiPhoneを使い続ければいい。
これからは、他のスマートフォンに浮気しないようにしたい。

blogger.comから投稿

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください