NECカシオモバイルコミュニケーションズ社のスマートフォン事業からの撤退が決定

NECカシオモバイルコミュニケーションズ社がスマートフォン事業からの撤退を決定しました。


日本電気株式会社:携帯電話端末事業の見直しについて〜社会ソリューション事業に経営資源をシフト〜
http://jpn.nec.com/press/201307/20130731_02.html

朝日新聞:NEC、レノボへ携帯事業売却を断念 多額損失のおそれ
http://www.asahi.com/business/update/0730/TKY201307300080.html

読売新聞:NEC、スマホ撤退へ…レノボとの交渉不調へ
http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/atmoney/20130730-OYT1T01201.htm?from=ylist

産経新聞:NECがスマホ事業から撤退 ドコモ「ツートップ」戦略で苦境に
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130731/biz13073115130008-n1.htm

今日、2013年7月31日に日本電気(以下、NEC)がNECカシオモバイルコミュニケーションズ(以下、NECカシオ)のスマートフォン事業からの撤退を発表しました。
今回のNECのスマートフォン事業の撤退後、日本独自のフューチャーフォン(ガラパゴスケータイ)の開発・製造とタブレット端末の開発と製造は継続します。


以前から、NECがレノボへ携帯電話事業を売却することや、中国のパソコン最大手レノボ・グループと合弁会社の設立交渉を進めていることがニュースになることがありました。
今回の発表でついにスマートフォン事業からの撤退となりました。

NECカシオは、NECブランドとカシオブランドの携帯電話を開発・製造をしてきました。

NECカシオは、NECの携帯電話事業とカシオ日立モバイルコミュニケーションズが合併してできた携帯電話メーカーです。

今回の発表はカシオブランドのスマートフォンの開発・製造も終了すると考えてもいいのかもしれません。

NECカシオがスマートフォン事業からの撤退にスマートフォンの売り上げとNTTドコモノ2トップ戦略(ソニーモバイルとサムスンのスマートフォンをメインに販売していく戦略)でNECカシオのスマートフォンが選ばれなかったことが影響しているといわれています。

ガラケーが全盛期の時にはNECの携帯電話を使っている人はたくさんいました。しかし、スマートフォンが全盛期の今ではNECカシオのスマートフォンを使っている人は少ないです。

それはどうしてか、自分なりに考えてみました。

スマートフォンを売り出す時期が遅過ぎたことが一番の原因ではないでしょうか。

NECカシオになる前、NECもカシオもOSがWindows CEやWindows Mobileを端末(PDAなど)を開発・製造してきました。
しかし、NECもカシオもiPhone、Androidスマートフォンが世に出てくる前の日本で売られているスマートフォンのOSといったらWindows MobileかSymbianという時期にOSがWindows MobileかSymbianのスマートフォンを開発・製造していません。
他社は、OSがWindows MobileかSymbianのスマートフォンを開発・製造していました。日本では発売はしなかったが、他国ではOSがWindows MobileかSymbianのスマートフォンを発売した携帯電話メーカーもあります。
iPhoneとAndroidスマートフォンが世に出てくる前からスマートフォンを製造していたメーカーにNECカシオは遅れをとったということは、スマートフォンを発売するメーカーという印象をつけることができなかったということになります。

最近、日本の携帯電話メーカーを「スマートフォンを作ることは上手くないが、ガラケーを作ることは上手なメーカー」と「ガラケーからスマートフォンに移り変わっても何とかやっていけるメーカー」の2つに分けることができると思っています。
NECカシオは、スマートフォンを作ることは上手くないが、ガラケーを作ることは上手なメーカーといえるのではないでしょうか?
日本の携帯電話は、携帯電話会社が携帯電話の販売の主導権を握っているので携帯電話メーカーは言いなりになるしかありません。そのなかで携帯電話の開発・製造をうまくやっていくしかないのです。そうなると、今は、ガラケーを作ることが上手な携帯電話メーカーでもスマートフォンを作るしかなくなります。
そんな状況になってしまうと、NECカシオみたいな携帯電話メーカーは不利です。

今回の撤退は、携帯電話会社がスマートフォンばかり売ろうとしたことで携帯電話メーカーを苦しめたといってもいいのかなと思います。

NECカシオはスマートフォンを作らなくなってもガラケーは作り続けるといっているので、そこは今後もガラケーがいい人には少しばかりの朗報ではないでしょうか。

Blogger.comから投稿

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください