NTT ドコモの NEC カシオ製「 N-04B 」が修理から戻ってきました。

ドコモショップで修理に出したNECカシオ製「N-04B」の修理が終わって戻ってきたということで、一昨日の8月16日にドコモショップに取りに行ってきました。

今回は、N-04Bの折りたたむ部分のヒンジがおかしくなっていたので修理に出しました。
詳細は以前書いたブログ( http://atsukihamakawa.blogspot.jp/2013/08/nttnecn-04b.html  )をお読みください。
戻ってきたN-04Bの折りたたむ部分のヒンジは新しい物に交換されていたので問題なく折りたためます。
今回は修理だけでなく、N-04Bの外装交換、新しいリアカバーへの交換、OSのアンインストール・インストールし直しも行われていました。
ガラケーの修理の際は、OSを入れ直さないといけないので、購入時と同じ状態のOSを入れ直す作業は必ず行われます。しかし、端末の外装交換と新しいリアカバーへの交換まで行われていたことには驚きました。
N-04Bは中古品であったため、端末のあちこちに傷がありました。それで、外装交換した方がいいといいということになったと思われます。
無償で修理してもらえる期間(購入日から3年、今回の中古のN-04Bはあと2ヶ月程で無償修理期間が終わる)であったため、外装交換もしてもらえたのだと思います。外装交換は有償だと5,000円〜6,000円かかります。
今回のN-04Bの修理は、無償修理期間にできたので見た目が新品みたくなって戻ってきました。
中古品の携帯電話(特にガラケー)を手に入れたらキャリアのショップで外装交換や修理に出してみることはこれから安心して使うためにもいいかもしれません。
OSも真っ新になれば、以前使っていた方のデータも消えるので更に安心して使えます。
Blogger for iPhoneから投稿

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください