iOS 7 にバージョンアップしたiPhone、iPadのAssistive Touch のホームボタ ン のトリプルクリックで Assistive Touch をオフにしたら、通知センターと コ ントロールセンターが使えなくなる。

自分のSIMフリーのiPhone 4SとKDDI版iPhone 5のOSをiOS 7にバージョンアップして、Assistive Touchのホームボタンをトリプルクリックして(設定>一般>アクセシビリティ>ショートカット>Assistive Touch で設定可能)Assistive Touchをオフにしたら、通知センタートとコントロールセンターが使えなくなりました。

これは自分のiPhoneだけに起きるのかiOS 7自体の不具合なのか分かりません。
Assistive Touch はiPhoneの画面上にホームボタン、音量ボタン、画面を回転させるボタン、消音ボタン、Siriを起動させるボタン、などを表示させて、使えるようにする機能のことです。元々これは、手の力が弱かったり、手に障害があるなどの理由で画面下にあるホームボタンが押せない人のために作られた機能です。
この機能を利用することで画面下にあるホームボタンを利用しないようになるのでホームボタン故障を防ぐことができます。
だから、この機能を画面下にあるホームボタンの故障を防ぐ目的で利用している人もいます。
インターネットで同様の不具合が起きることを報告するブログ記事やスマートフォンに関するWEBサイトの記事を検索しても見つかりませんでした。
Assistive Touchについて書かれた記事自体が少ないため、見つけにくいからかもしれません。
まだiPadでも同様の不具合が起きるのか確認してません。
確認し次第、追記します。
追伸
iOS 7で新たに追加されたコントロールセンターにAssistive Touchの機能が含まれるとよかったのですが、iOS 7でもAssistive Touchは独立した機能となっています。
Assustive Touchとコントロールセンターが合体したら便利になると思います。

追記
イギリス版第3世代iPad Wi-Fiモデルでも同様の不具合が起きるか確認しました。iPhoneと同じく、Assistive TouchをトリプルクリックしてAssistive Touchをオフにすると通知センタートとコントロールセンターが使えなくなりました。

この不具合が起きた場合の対処法方は以下の通りです。
1.画面下にあるホームボタンをトリプルクリックして、Assistive Touchをオンにする。
2.再度、画面下にあるホームボタンをトリプルクリックして、Assistive Touchをオフにする。

これで、通知センタートとコントロールセンターが使えるようになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください