「トランスジェンダー(性同一性障害)」という書き方は正しくないのに何で誰も指摘しないの?

新聞記事やインターネット上に公開されている記事の中に「トランスジェンダー(性同一性障害)」と書いてある記事がありますが、これは間違いです。

性同一性障害はトランスジェンダーに当てはまる人の中で2003(平成15)年7月16日に公布され、翌年に施行された性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律に基づいて病院の精神科を受診した人が診断される診断名のことです。

トランスジェンダー(性同一性障害)と書くとトランスジェンダーに当てはまる人は全員性同一性障害と誤解する人が出てきます。

残念なことですが、トランスジェンダー(性同一性障害)と書かれている記事には性同一性障害の当事者(当てはまる人を含む)が写った写真が付いていたり、セクシュアルマイノリティ・LGBT・性的マイノリティ・性的少数者に当てはまる人がその記事を書いていたりします。

「トランスジェンダー(性同一性障害)」という書き方は読んだ人に誤解を与えるので、即刻やめてほしいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください