Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebookを購入

先日、当ブログの記事にサムスン電子の「Galaxy Chromebook」が欲しいということを書きました。

Galaxy Chromebookは発売がアメリカに限定されているようなので、USキーボードモデルしかありません。2015年から自分が個人的に使用するPCのキーボードはできる限りUS配列にしているので、Galaxy Chromebookを手に入れられる価格になるまで気長に待つことにしました(急な円安のため、待たざるを得ない状況ということもあります)。

しかし、自分のメインスマホのSONY Xperia PRO-I XQ-BE42でメモアプリのEvernoteを使用すると発熱するようになり、データ通信も場所を問わずに不安定になるようになりました。しかも、モバイル版のChromeブラウザーとAndroid版EvernoteアプリのWEBページの取り込み機能であるWEB ClipperがWEBページによっては正しく反応しないことが多くなりました。SONY Xperia PRO-I XQ-BE42でEvernoteのアプリを端末が発熱で壊れる状態で使い続けることは怖いですし、発熱した端末を触り続けるのは、低温火傷になる可能性があるので、危険です。

ということで、Galaxy Chromebookが購入できる価格になるまで待つことはやめて、PC版Chromeブラウザーが使える端末を1台購入することにしました。

購入する際に下記のことを条件としました。

・PC版Chromeブラウザーが使用できる
→Chromeブラウザーの拡張機能が使えるので、EvernoteのWeb Clipperのフル機能が使用可能になる。
・タブレット型の端末で、10インチ以上のディスプレイ
→Googleが開発するOSの音声読み上げ機能だと端末のディスプレイに表示できた文章から読み上げる範囲をしていないといけないので、画面サイズが大きくないと音声で読み上げさせる文章の範囲をスマホの画面サイズの範囲より広げることができない。
・スタイラスペンが使える
→タッチパネルのディスプレイを手でタッチし続けると疲れてくるので、手でタッチしなくてもいいようにしたい。
・音声読み上げ機能がある
→WEBメディアの記事やブログ記事の下書きを音声で読み上げさせたい。
・スマホ版のアプリを使用することが可能なら、最新のバージョンが使用できる
→スマホ版アプリの旧バージョンしか使用できないとなると、最新バージョンの機能が使用できないなど制限される。

本日6月4日(土)に家電量販店に行き、条件のほとんどを満たす端末を購入しました。購入したのは、Lenovoの「IdeaPad Duet 560 Chromebook」です。

Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebookの主な仕様と性能は、下記になります。

メーカー Lenovo
製品名 IdeaPad Duet 560 Chromebook
型番 82QS001UJP
OS Chrome OS
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 7c Gen 2/動作周波数 2.55GHz/コア数 8
チップセット CPUに統合
指紋センサー なし
メインメモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 128GB
ディスプレイ 13.3型FHD OLED(有機ELディスプレイ) 1920×1080ドット
マルチタッチ 対応(10点)
ビデオチップ Qualcomm Adreno 618
ビデオRAM容量 メインメモリと共有
USBポート 2(Power Delivery対応、Display Port出力機能付き)
イヤホンジャック なし
Wi-Fi IEEE 802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth v5.1
スピーカー ステレオスピーカー(1.0W×4)
マイクロフォン デジタルアレイ マイクロフォン
メインカメラ 500万画素
アウトカメラ 800万画素
フラッシュ なし
カメラのフォーカス方式 FF/AF
SIMカードスロット なし
メモリーカードスロット なし
物理ボタン パワーボタン(左側面)、ボリュームボタン(上部)
フォリオキーボード部 78キー、JIS配列、マルチタッチパッド
センサー類 ジャイロセンサー、加速度センター
本体サイズ 約305.86×186.74×7.23mm
本体の重量 約700g
スタンドカバーとフォリオキーボードとキーボードを合わせた重量 約1.2kg
バッテリーの使用時間 約15.5時間
電源オフ時の充電時間 約2.5時間
最大消費電力 30W
付属品 ACアダプター、USBケーブル、USB Type-C 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル、ペンホルダー、Lenovo USIペン
購入時のAndroidのバージョン Android 9
OSとセキュリティの更新期限 2029年6月

IdeaPad Duet 560 Chromebookの電源を入れて、初期設定をして、この記事を書いてみました。自分が普段使用するキーボードはUS配列ですが、フォリオキーボードのJIS配列のキーでブラインドタッチできました。記号の入力とEnterキーを押す時だけどのキーを押せばいいのか分からなくなることがあり、その時だけブラインドタッチができませんでした。そのため、 USB接続できるUS配列のキーボードを別途用意して、US配列のキーボードで文字入力できるように設定を変更しようと思います。

これからIdeaPad Duet 560 Chromebookを駆使して、普段使用しているMacBook ProやAndroidスマートフォンではできないことをできるようにしていきたいです。

リンク
Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook

スポンサーリンク

 当ブログの記事に広告(Google Adsense)とアフィリエイトリンク(楽天リンク)が表示されることがあります。当ブログから広告へのアクセスとアフィリエイトリンク先での商品の購入と予約があると、筆者へ一定の収益が発生します。